ホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

当院は、静岡市の山間地、藁科川沿いに位置する自然に囲まれた中にある医療療養型の病院です。 シルバー世代の健康を見守る老人医療の専門病院として、これからの高齢化社会の到来に伴い、明日の医療に積極的に職員一同取り組んでいるところであります。

当院の理念であります「人と地域が共に生き支え合う医療」、「患者様・ご家族の心に寄り添った医療を提供する」をモットーに、安心・安全な環境の中、質の高い看護、介護、リハビリテーションの提供を心掛けていく所存でありますので、引き続き皆様のご支援を心から宜しくお願い申し上げます。

静岡富沢病院   

院長  倉澤 豊身


患者様・ご家族様に信頼される誠実で心あたたまる看護を目指します

  看護科基本方針

1. 患者様の権利を尊重した看護を提供します
2. 安全で安楽な安心できる看護を目指します
3. 適切なリハビリテーションを通じて心のやすらぎ・生きがいづくりを支援します
4. 看護者としての自覚を持ち、自己研鑽に努めます
5. 看護科職員・他部門職員など、共に働く仲間を大切にします


シルバー世代の健康を見守る老人医療の専門病院として長年培ってきた技術とノウハウを活かし、患者様の自立性を尊重し残された機能を低下させないようサポートします。また、真心のこもったきめ細やかなケアと、心やすらぐ雰囲気づくりに努めています。病棟はやわらかな自然光とともにスタッフの笑顔があふれ、明るく穏やかな空気に包まれています。

患者様のこれまでの生活経歴を重視した医療選択を基本とし、当院ではチーム医療で患者様お一人おひとりに対し医療・看護・介護・リハビリの四本柱を軸とした総合的なケアをおこなっています。

    

医師、看護師、看護補助者、ケースワーカー等職種の壁はなく、常に患者様の変化を共有し対応します。

患者様のケアが充分にできるよう、病棟各フロアに看護師、看護補助者がしっかり配置されています。

患者様を常に見守る立場として、ご家族の方とのコミュニケーションも大切にしております。


『家族を安心して任せられるリハビリテーションの提供』

気持ち(心)に寄り添う  喜びと感動の共有  個々に合わせた適切な支援

私たちリハビリテーション科のスタッフは患者様の希望や要望に耳を傾け、身体だけでなく心のケアも大切にしています。また、ご家族様の意思を尊重し、安心して頂けるよう努めています。

そして、リハビリテーションを通して、共に喜びを分かち合い、前向きな気持ちになって頂くことを目指しています。個々に合わせたリハビリテーションを実施し、その人らしい生活がおくれるように適切な支援をしていきます。

個別訓練の他に、療養生活における楽しみの提供として、レクリエーション・季節行事なども行っています。患者様、ご家族様の気持ちに寄り添い、安心して療養生活を送って頂けるように関わっていきます。

【個別訓練】

富沢病院リハビリテーション科には理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といった専門のスタッフが充分に配備されています。主治医の処方により、個々の患者様に合ったプログラムを立案し、実施していきます。

主に訓練室でのリハビリを行っていますが、状態が安定しておらず、訓練室でのリハビリが難しい方にはスタッフが病室に伺い、ベッド上での訓練も実施しています。

回復段階から長期療養されている患者様まで状態は様々なため、常にその方のその時の状態に合ったリハビリを検討しています。

理学療法

日常生活に必要な基本動作・移動能力の獲得を目標に行っています

作業療法

日常生活動作、身体・精神機能の維持・向上を目的に援助します

生きがい再発見

作品作りや他者との交流を通して、その人らしく生活をおくれるように援助していきます

言語聴覚療法

残された言語機能を活かして、より円滑なコミュニケーションを図ることを目標に行っています

摂食機能療法

食事中にむせる等のお悩みの方に対し、検査や訓練、ご相談等を行っています

嚥下訓練食

患者様の嚥下(えんげ)機能に合わせた食事形態を提供します

【院内行事】

患者様に楽しんで頂けるように月に一度、夏祭りやクリスマス会などの行事を行っています。日頃と違うひと時を過ごしていただくことで、その時々の季節を感じることができ、またメリハリのある生活となるようスタッフ一同心がけています。

【生きがい再発見】

書道、革細工、刺子など、好きなものに挑戦していただいています。右手が使えなくなった方は左手の訓練をしています。必要な訓練や好きなもののグループに分かれ作業をスタートしますが、作業療法を兼ねての訓練がいつしか趣味になる方も多くいらっしゃいます。

患者様同士もお互いに顔を見て挨拶したりコミュニケーションをとる機会となり、精神的にも入院療養がより充実することが期待できます。


看護科・リハビリ科と密接に連携し患者様の栄養状態の管理に努めます。

入院中の大きな関心事である食事。「食べたい」気持ちをサポートします。

当院には、管理栄養士が2名常勤しております。患者様の栄養状態を把握するために医師・看護科・リハビリ科と密接に連携し、患者様お一人おひとりに最適な内容および形態で食事を提供しております。

また、栄養科では食事訪問を頻繁に実施し、患者様の食の進み具合の確認や味付け・献立等に関するご希望をダイレクトに受け取る機会を設けております。長期にわたる入院療養において食事は大きな関心事であり、楽しみでもあります。その気持ちに寄り添い、「食べたくなる」食事を提供することで患者様の回復・体力維持に貢献できるよう努めております。季節の行事等に合わせた特別メニューに加え、お誕生日にはケーキとお誕生日カードをお渡ししています。また、食事訪問でいただいた患者様のご希望を反映しちらし寿司を提供した際、普段はおかゆ食の患者様も喜んで完食してくださり、普通食を食べられたことに患者様ご自身も驚いていらっしゃいました。患者様の〝ご希望で"生まれたちらし寿司ですが、まさにそれは〝希望の"ちらし寿司となりました。

今後も栄養科は患者様とFace to Faceでお一人おひとりの身体と心に寄り添っていきたいと思っております。

栄養科の食事訪問風景です。病棟を一部屋ずつ訪問し患者様の状態を確認しながら、ご希望を伺います。

患者様のご希望から生まれた〝希望のちらし寿司"。酢飯が食欲を誘います。

心華やぐお正月のおせち料理です。おせち料理も患者様に合わせた形態で提供しております。